スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

口コミではビーグレンで目元の茶クマも治る!

ビーグレンはシミを消すことができるので、クマにも効果があります。もちろん、すべてのクマを消せるわけじゃないものの、茶クマの場合は消えると思ってほぼ間違いありません。

実際にビーグレンの口コミをアットコスメや公式サイトで調べていくと、茶クマが消えた人の感想をたくさん見つけることができますよ。



■クマができる原因

目元・目の下にできるクマには、色別に3種類、茶クマ・青クマ・黒クマががあります。そのうち茶クマも黒クマも原因はメラニン色素です。

肌の中で黒色を帯びているメラニン色素が蓄積してしまい、それが肌表面から透けて見えるので、肌色が茶色になったり黒く見えてしまうわけです。



メラニン色素が増えてしまう原因は主に紫外線です。目元の皮膚は特に薄いので、外部の刺激を受けやすく、そのダメージから肌を守るためにメラニン色素が多く分泌されやすいんです。

そこで、メラニン色素が増えすぎないように、日中はUVケアをして外出するのはもちろんのことできるだけサングラスをしたり帽子をかぶるのがベストです。



ちなみに、青クマの原因は血行不良です。貧血気味になったりして血液中の酸素の濃度が薄くなると、血が青っぽくなりそれが透けて見えるわけです。

青クマを治すには、貧血を治すか、寝不足を解消するしかないので、ビーグレンを使って治すことはできません。



■シミを消すならハイドロキノン

茶クマのシミを消すには、美白効果のある美容成分、ハイドロキノンを使います。ビーグレンならQuSomeホワイトクリーム1.9という美容液でハイドロキノンが使われています。

ハイドロキノンは、メラニン色素にはたらきかけて、色を奪ってくれる漂白作用があります。それに、メラニン色素が生成されるのを防いでくれるので、シミが濃くなったり広がるのも防いでくれます。



ハイドロキノンは濃度に比例して美白効果が高くなるのですが、肌への刺激も強くなるというデメリットもあるため、5%を超える濃度は医療機関の処方が必要になります。

私たちが普通に手に入る美容液だとだいたい3%弱に抑えられているものがほとんどで、ビーグレンの場合はというと、1.9%まで濃度が抑えられています。



ハイドロキノン化粧品の中ではダントツで濃度が薄いほうなんですが、浸透力が濃度の薄さをカバーしているので、美白効果まで低下する心配がありません。

ビーグレンなら、強い浸透力のおかげでハイドロキノンがシミの裏側まで浸みこんでいきます。つまり、シミ全体を包み込むようにアプローチしてくれます。



他のハイドロキノン化粧品と言えば、シミの表側に到達するのが精いっぱい。ビーグレンでは表面積がうんと広がる分、美白効果はむしろ高くなっているんです。

ビーグレンの口コミを見ていくと、1ヶ月くらいでクマが薄くなってきた!という人もいるほど、即効性にも優れていますよ。



消えにくい茶クマも効果的に消してくれるビーグレンの美白作用をトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓









ビーグレンなら新陳代謝改善でシミを消す!

ハイドロキノンの効果でシミを薄くするだけじゃなくて、ビーグレンはビタミンCの効果で肌の新陳代謝を促してシミを消すことができます。
新しい皮膚を肌の内部でどんどん生み出し、古くなった皮膚をどんどんはがしていきます。この過程で、シミができている部分が肌表面へと押し出されていきます。

最終的には古い皮膚と一緒に肌から剥がれ落ちていくので、シミのない皮膚で肌が満たされるようになります。
そもそも、新陳代謝が活発に機能していれば、シミが出来そうになっても、悪化する前に肌から追い出されるので、根本的にシミのできにくい肌を手に入れることができるんです。




1